肉桂水瓶

f0180126_1158334.jpg瓢箪型が愛らしい、ニッキ水の瓶。
真ん中のものは中を洗う際に縁が欠けてしまった。
気泡が沢山入った薄い硝子製で、側面の接合痕からプレス成型したものと思われるが歪んでいたり、左右非対称なのは型から外すときの問題なのかしら。

安定感のある一番小さな瓶は昼顔や犬蓼を生けるのに重宝している。
by pfauen | 2009-08-06 00:00 | 屑骨董


<< ゼリー型 目薬瓶 >>