mild country

f0180126_1633254.jpg新小金井の古道具と骨董のお店。
シンプルで状態のいゝ(或いは修復済の)机や椅子、小抽斗、本棚など実用的なものが多い印象。
扱っているもの全体に使い込まれたもの特有の肌馴染みのよさが感じられて好ましい。

テーマを決めて月に数日間だけお店を開くそうなので出掛ける際には事前確認が必要。

調神社や新井薬師の骨董市にも出店している模様。

http://mildou.exblog.jp/
[PR]
# by pfauen | 2009-08-16 00:00 | お店

cigarette card

f0180126_22101298.jpg1916年頃、英国製。
煙草のオマケとして1枚ずつ同封されていたもので海外には収集家が多いらしい。

画像は『Those Pearls of Heaven』と題された25枚1組のシリーズで、表には天文の図説、裏には豆知識が記載されている。

当時の少年がカァド欲しさに煙草を買うなんてことはなかったのだろうか。
[PR]
# by pfauen | 2009-08-15 00:00 | 屑骨董

時計部品

f0180126_226654.jpgこちらも旧い腕時計の部品。
[PR]
# by pfauen | 2009-08-14 00:00 | 屑骨董

文字盤

f0180126_21563936.jpg旧い旧い腕時計の文字盤。
文字盤自体に傷が付いたり磨耗しているため、本来の用途では使うことは出来ないものたち。
[PR]
# by pfauen | 2009-08-13 00:00 | 屑骨董

英単語カァド

f0180126_21461077.jpg明治~大正期の中等教育に用いられたらしい、英単語カァド。
唐草模様の蓋を開くとみっしりとカァドが詰まっている。
紙の表には英単語、裏には旧字体で和訳と用例が記されている。

強く押された活版印刷の凹凸と日焼けした紙の色。
[PR]
# by pfauen | 2009-08-12 00:00 | 屑骨董

検眼用レンズ

f0180126_175530.jpg硬い木箱に入った検眼用のレンズ一式。
本来ならば、レンズを入れるための検眼用眼鏡も入っているのだけれど、残念ながら眼鏡だけ行方不明。
少しずつ度の異なるレンズは全て硝子製で重たく、一番レンズの厚いものはまさに瓶底のよう。

豆本とあわせて販売するつもりで買い求めたものの、レンズに見合うような豆本が出来ずに未だ日の目を見ていない。
[PR]
# by pfauen | 2009-08-11 00:00 | 屑骨董

f0180126_16475148.jpgマチ針、虫ピン、割鋲などは紙箱の意匠に惹かれて手にする場合が多い。

画面奥の丸箱は割鋲が入っており、右のものは古くからの文具店では今も扱っているかもしれない。
右の角箱は水色の地に銀色の文字、白抜きの茨が洗練された印象。
左の角箱はマルゼンの虫ピン。シンプルだけれど白地に群青と黄色が潔くて何処か少年の風情。
手前のマチ針は戦前のもので、針はとうに錆付いているが、不揃いなとろりとした玻璃の頭が魅力的。
[PR]
# by pfauen | 2009-08-10 00:00 | 屑骨董

木彫りの動物

f0180126_1442337.jpg木目の綺麗な木彫りの動物。
栗鼠は十年以上前に下北沢の骨董店で購入。
小鹿は今年の春先、浦和の骨董市でmild countryさんから購入。
ご店主のお話では犬や鶏などもあるとのこと。

また何年か後に仲間(兎、羊希望。)に出会えることを祈っている。
[PR]
# by pfauen | 2009-08-09 00:00 | 屑骨董

菓子型

f0180126_1313013.jpg動きのある金魚の抜き型とマドレーヌ型を見付けたのは西荻窪のブリキ星
銀色の比較的新しいものは友人から頂いたり、骨董市で細かなものを購入した際、受け皿がわりに頂いたもの。

錆の浮いたものは赤い実物が映えるので、秋から冬にかけて、山帰来の小枝などを乗せている。
[PR]
# by pfauen | 2009-08-08 00:00 | 屑骨董

ゼリー型

f0180126_1222188.jpg硝子製のゼリー型。
金魚型のものも愛らしいけれど素朴な花型の方が使い勝手よく、また、毀れた縁がレースのようなところも趣がある、と思う。

10年近く前に500円~800円程で購入したものばかりだが、つい先日骨董店で同じ型のものを見掛けたところ、3倍の売値が貼られていた。購入当時、硝子物は今後値が上がるから、と800円を負けてくれなかった骨董店主の言葉を思い出す。
[PR]
# by pfauen | 2009-08-07 00:00 | 屑骨董